« 種もはじけて | トップページ | ぼうしつき »

2016年9月19日 (月)

仕事を眺める

P9182615_1

 村上春樹のエッセイの中で「うさぎ亭」に惚れたひとは多いと思います。コロッケの描写もさることながら、僕があのエッセイにとても共感するのは、キビキビとしているけれどセカセカとはしていない、そんな仕事を眺めることの幸せさを、僕も感じるからなのだろうなあと、つくづく思います。

 自分の仕事で考えてみれば、忙しいときって大抵トゲトゲしています。「できれば話しかけないでくれ」光線を発信しながら、ついつい怒りの沸点が低くなったりもする。
 それだけに、手際のよい仕事を、まわりのひとに「忙しすぎてこちらまで気ぜわしくなってしまう」と感じさせずにするひとというのは、いいなあといつも思ってしまうのです。

 泉家さんのご主人も、そういう方のおひとり。だから、すこし暗くなってから、囲炉裏の小上がりでお蕎麦をいただきながら、池の向こうのご主人の仕事を眺める時間というのは、僕のとても好きな時間なのです。

 というわけで、昨日も早食いのワタクシはさっさと食べ終えてしまって、コドモが食べるのをながめつつ、あちらのお仕事も眺めてニコニコしておりました。もうじき新そばの季節。楽しみだなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

« 種もはじけて | トップページ | ぼうしつき »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事を眺める:

« 種もはじけて | トップページ | ぼうしつき »