« 体育祭日和 | トップページ | 灼熱のCCR »

2016年9月 4日 (日)

八千川河口の変遷

832a3801

 河口が埋まってしまって夏の初めに重機で掘って道をつけなおした八千川の河口。ここしばらく何度か増水したことがあったのでひさしぶりにまじまじと見てみると、まるで埋まったテトラが「ここ、出口でっせ」と道案内でもするように、その場所からちゃんと注いでいました。石の間から「伏流水」のようににじみ出ていたことを思えば、今はちゃんとしてるなあ。

 姫川のほうも、左岸側に大きくあった湾のような部分に砂利がずいぶん貯まって高くなり、その分さきっぽがすこし短くなって右岸側がすこし伸びたような感じ。水が出るたびに、河口の形はかわっていくし、ときどき眺めるのも面白い。まさに大人の自由研究だなあ、と。

 しばらくお休みしてましたが、またときどき、河口の形、眺めていきたいと思います。

 さて、今日は日本海クラシックカーレビュー。多くの方が糸魚川にお越しのこととおもいますが、くれぐれも安全運転でたのしくお越しください。

 おはようございます。

« 体育祭日和 | トップページ | 灼熱のCCR »

姫川河口の変遷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千川河口の変遷:

« 体育祭日和 | トップページ | 灼熱のCCR »