« 近づけないよなあ | トップページ | 窓の向こうの夕空 »

2016年9月30日 (金)

ひとそれぞれ

832a5474_1

 ウチの庭のアサガオは、そろそろ最後の花がしおれてくる頃。タネになってるヤツは、もうすっかりかわいてはじけたあとだったりするのに、まだまだなんとか咲いています。
 暑いだとそうも思わないのだけれど、秋雨が続いたり、朝が涼しかったりすると「まだ咲いているなあ」という気分は強くなる。一番はやいヤツと遅いヤツ。これだけ前後が開いたりもするのだけれど、後から咲く方が埋没しないで愛でてもらえたりすることもあって、これもまたいいな、と。

 7月はじめからコドモが飼っていたオタマジャクシも、夏休みのおわりにはおおむねカエルになってもとの場所に返してきたのだけれど、最後に残った一匹の後ろ足がようやくだいぶ立派になってきました。そろそろ前足が出るかな。これもいっしょの卵から同時にうまれたくせに、一番はやいヤツからほぼ2ヶ月遅れ。だいぶ水も冷たくなってきたけれど、ちゃんとゆっくり育っているな、と。

 まあ、自分も晩成しよう(笑)。
 そんなこんなで、おはようございます。

« 近づけないよなあ | トップページ | 窓の向こうの夕空 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとそれぞれ:

« 近づけないよなあ | トップページ | 窓の向こうの夕空 »