« お正月 | トップページ | もう鬼は笑わない季節 »

2016年7月 3日 (日)

風物詩

832a9993

 考えてみれば、ここ数年夏と冬の二回、市内のアマチュアフュージョンバンド、Squallさんのライブを撮らせてもらうのが季節感を感じるしるしのひとつになっていたのだけれど、昨年暮れのライブをもってバンド活動が一区切り・・・だったはずなのか、いろいろあって今年の夏も見ることができました。
 もうヒト舞台。エクストラステージに遭遇できて、なんだかうれしい夜だったなあ。

 写真は、長野からお越しのゲストプレイヤーさんが出番を待つ様子。この直後、ここから入っていって「!」なプレイを聴かせてくれました。
 メンバーのひとり、Hさんの海外赴任で夏冬のライブは数年間中断ってことだけれど、海外赴任は「里帰り」帰国もそこそこ期間あることもあるし、季節はずれてもライブ、やってほしいなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

« お正月 | トップページ | もう鬼は笑わない季節 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風物詩:

« お正月 | トップページ | もう鬼は笑わない季節 »