« 空気遠近法 | トップページ | 雁木のあかるさ »

2016年5月31日 (火)

ひさしぶりの越後湯沢

P_20160530_181826

 糸魚川駅に新幹線が止まるようになって、ここ20年の間にまちがいなく100回以上は乗っている上越新幹線に乗ることが全然なくなってしまいました。
 で、昨日は今日からの関東仕事にあわせての前日移動。夕方駅にいったときふと「ひさしぶりにほくほく線で行ってみよう」などと思い立ってしまったワタクシです。
 糸魚川駅の券売機では、越後湯沢までの切符。この一年のあいだにとき鉄は何度か乗ったけど、ほくほく線は一年以上ぶりです。ひとがどぉっと乗ってくる駅になると「あ、ここには高校があるのか」なんてことに気がついたり、まつだい駅で御影石の特急はくたかをみつけたり(御影石って、ほんとお墓だなあ)。
 越後湯沢の在来線ホームは、まえにきたときにはこの写真右側のホームにはいつもはくたかが止まっていたので、なんだか不思議な眺め。ホームにいるのも新幹線に乗りそうなビジネスマンとかはほとんどみかけなくて時間帯もあって学生さんばっかり。
 あらためて、電車ひとつでこれだけ駅の雰囲気って、かわるんだなあ、と。

 上越新幹線はコンセントがないこともあって、最初からPCは出さずに読書。なんだか、いろんな意味で懐かしい移動でした。ときどき、こういうのもいいかな。
 金曜日の帰りは、北陸新幹線で糸魚川まで帰る予定です。

 おはようございます。

« 空気遠近法 | トップページ | 雁木のあかるさ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりの越後湯沢:

« 空気遠近法 | トップページ | 雁木のあかるさ »