« 見渡す限り | トップページ | 原山の地蔵 »

2016年5月 3日 (火)

塩の道を歩く

832a9649

 ここいらへんにあるんだなということはアタマではわかっていても、実際にルートを歩いてみるのは、もしかしたらなかったかも。そんなわけで、当日参加OKとのことだったので昨日は塩の道を歩く会のみなさんのイベント「糸魚川・塩の道起点まつり」に参加させてもらって、糸魚川駅から根知駅までを歩いてきました。

 塩の道は、昔の街道。つまり、昔からひとが往来してきた「代表的なルート」。だから、時代が下り通るものがかわってくると、そのまま道が広げられたり舗装されたりしていても、不思議はないんだよなあと思う。もちろん、古道そのままの風情の場所もたくさんあったのだけれど、こんな風に生活道路として整備されていて、「こっち塩の道、こっち県道」とか、標識がでていたりする方に、かえって延々と続くひとの営みを思ったりしたワタクシなのです。

 休憩所での漬け物やお菓子などの振る舞い、ゴールでのタケノコ汁。ウマかったなあ。どうもありがとうございました。
 歩かれた方のなかにはお年寄りが多いこともあり、だいぶゆっくりしたペース。これなら、案外だいじょぶですよ(というか、だいじょぶでした(笑))。
 来年も参加したいなあ。

 そんなこんなで、おはようございます。

« 見渡す限り | トップページ | 原山の地蔵 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩の道を歩く:

« 見渡す限り | トップページ | 原山の地蔵 »