« ピンクの唇 | トップページ | abbey road »

2015年6月 5日 (金)

夏の扉があきそうだ

832a7198

 amazonがなぜか「『松田聖子と中森明菜』という新書を君は読むんじゃないのかね?」と提案してきた昨日の朝。これに影響されたのか、妙に青く立体感のあるソラと雲に、「夏の扉」が妙に頭の中で鳴り出しました。

 あのもくもくとはるか上まで盛り上がる入道雲の季節にははやいし、これから梅雨がやってくる風の強い天気の不安定な日の晴れ間だったのだけれど、この地域特有のなんとなくクリア感の足りない空気がすごく澄んだ感じだった昨日。雨もまた、空気の掃除屋なのだなあとこういうときには実感します。

 さて、今日は打って変わって曇り空。夕方には雨も予報されているようです。九州には梅雨前線がやってきたそうだし、こちらもそろそろかな。
 だとすればこの季節時折このブログで書いている「下から眺めていていつまで黒姫に雪があるか」写真もそろそろはじめないと、気がついたら雪がなくなっちゃってるって季節なのだなあと、そんなこともふと思い出した朝なのです。

 おはようございます。

« ピンクの唇 | トップページ | abbey road »

」カテゴリの記事

コメント

♪フレッシュ! フレッシュ! フレーッシュ!
聖子ちゃんの歌、たまに聞きたくなります。
だけん子供の頃私は明菜ちゃん派でした(゚m゚*)
♪Get up!Get up!Get up!

「黒姫山」大野から眺めると雪渓が宝船から「オオカミ」になったよ。
今職場で話題になっとって、きつねだとか犬だとかいっとるけん、
私は「オオカミ」にしか見えんわ。
山の雪が消えてきた。
夏だね。

 ほんとだよねえ。ほとんどもう見えなくなっちゃった感じだし。
 ちなみに「松田聖子と中森明菜」は買っちゃいました。読む?(笑)。

マジかっ買ったんか(笑)
アマゾンさんのおすすめ書はおもしろかったんかや。
気になるタイトルの本だわね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の扉があきそうだ:

« ピンクの唇 | トップページ | abbey road »