« リスクヘッジ | トップページ | 翼 »

2015年6月27日 (土)

とおりみち

832a7849

 昨日は、紅梅文庫と絵本の読み聞かせを勉強する会に顔を出してきました。会場は国登録有形文化財の旧高野寫眞舘 ( http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/143498 )。

 ここに入らせて頂くたびに、おもわず暗室ではいろんなことを考えてしまいます。
 干してある大きなネガ。ルーペ。そして石の水回り。

 いまよりもずっと写真はいろんな節目に強い記念として撮られていた。だから、この小部屋はいろんな強い思いが化学変化を通して目に見えるものへと変わっていく通り道だったんだよなあ、と。このあたりはメモリカードにぱしゃぱしゃと気楽にデータを放り込んでいる僕らの時代とは絶対に違うなにかがあったはず。もっと大事に撮らなきゃなと、あらためて思うワタクシなのです。

« リスクヘッジ | トップページ | 翼 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とおりみち:

« リスクヘッジ | トップページ | 翼 »