« このはくたか・あのはくたか | トップページ | 警報解除の順番 »

2015年3月11日 (水)

三月の雪

832a3081_1

 毎年この時期に雪が降ると、槇原敬之の古い曲を思い出します。
 自分の中ではちょっと前の曲のように思っているのに調べてみると四半世紀も前の曲だということにも、毎年ずいぶんと驚いてしまうのだけれど。
 考えてみれば、槇原敬之自身が「卒業するときの惜別感」を歌って違和感がなかったトシの歌なのだもの、ずいぶん昔でも不思議はないよなあなどと、そんなことも思ったり。

 そんなわけで、昨日、今日とまた「三月の雪」が降っています。
 ちらちらと、思い出したように降るのではなく、吹きっさらしのところに車を停めていると車が弾むほどの風。フロントガラスは凍り付くし、まるで真冬のような降り方なのだけれど、それでも一日中降っていてなおうっすらとした残らないのだから、やっぱり「三月の雪」なんだなとも思います。
 市内にはそろそろ夏タイヤの車もみかける季節。事故らないよう、事故られないよう、お互い気をつけましょう。

« このはくたか・あのはくたか | トップページ | 警報解除の順番 »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

どこからの景色ですか?
わかるような、わからないような。脳みそが、もよもよしてます。

 ここは、大和川から森林公園へと登っていく途中にある小高い丘のようなところで、今は工場がひとつたっています。そこの駐車場からですね。もちょっと右を見ると糸魚川病院とかが見えるかな。
 ソラがクリアになると、向こうに丸いガスタンクが2つ見える、そんなあたりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三月の雪:

« このはくたか・あのはくたか | トップページ | 警報解除の順番 »