« 凸凹 | トップページ | ヒトが出てくる »

2015年2月 3日 (火)

沸騰

832a2188

 遠浅の海での冬の波は、波打ち際だけじゃなくずいぶん遠くまで白くなっていて、どこかお湯が沸いているみたいだなあと思うことがあります。

 例のつついしの電柱のまわりもそんな感じ。おもわず仕事で横を通りかかると撮ってしまうこの電柱だけど、コイツは冬が似合う気がするんだよなあ。
 リタイアしても、誰かに面倒見てもらうわけでなく、けっこう酷い波を受けながらも、すっくと立っている。それがなんだか、かっこいい。

 写真撮り仲間にはこの電柱のファンは多いのだけれど、それも「そういう先輩」だから慕う後輩がたくさん集って、結果としてひとりぼっちにはならないという姿のようでもあって、それもいいな。そんなことを思ったりもするのです。

 さて。

 今日も寒い一日になりそう。こどもが通う小学校では、とうとうインフルエンザでの「学年閉鎖」も出てきてしまいました。みなさん、くれぐれもご自愛を。

« 凸凹 | トップページ | ヒトが出てくる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沸騰:

« 凸凹 | トップページ | ヒトが出てくる »