« こんなに育ってたんだなあ | トップページ | 証拠隠滅中 »

2015年2月 8日 (日)

春のようでもなかやすみ

832a2323

 そういえば、イースター島の全てのモアイの上には石の帽子がかつて乗っかっていたという話を聞いたことがあります。「ムー」とか、そのあたりのアヤしい本が好きだった子どもの頃は、モアイだの、サルガッソだのバミューダートライアングルだの、そういう話をいろいろ読んでいたなあ。モアイがすべて海側を向いていたなんて話がその後その手の雑誌の「伝説ねつ造」だったことを知ったりしたことが、「ロマンのためにいかにも嘘を本当のように書くひとたちがいる」ということを知るきっかけだったような気もします。

 さて。この「石の帽子」はわざわざ載せたモノではなく、波ですこしずつ割れてきたテトラが、とうとう完全に本体と分かれてしまったもの。次に荒れたら、吹き飛ばされて別の場所に行っちゃうんだろうなあ。

 この晴れ空を眺めていると、もう立春も過ぎたし、冬は終わっちゃったのではないかと思うくらいなのだけれど、確か先週日曜日は時には前が見えなくなるくらいの雪の中、根知のスキー場でPTAのスキー行事をやっていたわけで、まだまだ冬は終わらないはずの2月はじめ。だからこそ、この中休みは楽しみたいなと思うワタクシなのです。

 今日も、散歩だな。みなさん、よい日曜日を。

« こんなに育ってたんだなあ | トップページ | 証拠隠滅中 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のようでもなかやすみ:

« こんなに育ってたんだなあ | トップページ | 証拠隠滅中 »