« 山へ向かうと | トップページ | 金魚の列 »

2015年1月14日 (水)

天文部の頃

832a1563

 僕が学校に通っていた頃は、中学校も高校もけっこういろんな部活がありました。今あらためて母校の部活の数を聞いてみると「え、あの部もうないの?」というのがたくさんあって、今僕がコドモだったら中学の必修クラブで暗室に籠もってフイルム現像したり、高校で「夜間観測」と称して毎月一回学校に泊まったりなんてことは、できないんだろうなあとちょっと今の子が気の毒になったりもします。

 僕が高校の時、ハレー彗星がやってきました。調べてみると1986年。なんだか、あらためてものすごく昔だなあと実感しました(笑)。この時はあまり条件がよくなく、長い尾を見ることはできなかったけれど、長い時間赤道儀で追尾して、天文部の写真班の友達が撮っていました。僕も「ああ、一眼レフ、いいなあ」なんて思いながら自分では手を出さなかったのを思い出します。

 というわけで、ちょうど最接近中のラブジョイ彗星( C/2014 Q2 Lovejoy) を僕もひとつ撮ってみました。赤道儀も自動追尾の装置もないので、星が流れていたり今ひとつなアガリですが、なんだか高校の頃やりたかったことを中年オヤジになって、コドモを寝かしつけたあとにやっているというのも、なんだか楽しい。
 そもそも、この時期の「天文ショー」のときに、ちゃんと星が見える空だということ自体、日本海側の冬にはなかなかないこと。寒いけど、楽しんだ昨晩のワタクシなのです。

« 山へ向かうと | トップページ | 金魚の列 »

コメント

初めまして。野坂衣織と申します。旧姓片山です。私、糸高天文部にほんのちょっとだけ在籍していました。御記憶でしょうか?瀧澤加奈子先生と同じ、糸魚川白嶺でびじゅつ

美術講師を現在しております。高校の時は、大変お世話になりました。機会があったらお会いしたいです。突然ですみません!フェイスブックなど楽しく拝見しております。またコメントします。

 どもども、おぼえてます!。
 というか、仕事の途中にサボりにくる鬱陶しい「センパイ」をちゃんと覚えていてくれるのって、なんだかうれしいなあ。
 何年か前にきららでの個展でお見かけして「あ、あの」とひとりでびっくりしてました。
 糸魚川高校はもう天文部はないみたいだけれど、そのうちOBで集まってまた一杯やりましょう!。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天文部の頃:

« 山へ向かうと | トップページ | 金魚の列 »