« 「一味」ではないさみしさ | トップページ | うみにはちかづかないようにしましょう »

2014年12月14日 (日)

拍手を眺める

832a0129_1
 パンフの写真を撮るために、時々覗いていたオデュッセイア。
 昨日も、ゲネプロの写真をキャストのみなさんに届けて、あとはゆっくり客席で見ようと思っていたら急遽劇中の写真も撮ることになりました。
 そんなわけで、シャッター音がみなさんの邪魔にならないように、上手側親子室の中で見た芝居。堪能しました。

 そして終演後、おざなりではなく、後ろから撮っているカメラにはっきりと写るくらい大きく、ひとによっては頭の上まで手を上げて、拍手していただいていたお客様を見ながら、なんだか幸せな気持ちでこの写真を撮りました。

 こういう気持ちになることができたとき、その場にいるひとたちはなにかを共有していると思う。そして、そういう瞬間に立ち会えることは、そうそうはないもの。それだけに、昨日は幸せな午後だったなあ、と。

 そんなわけで、今日が千秋楽。当日券のご用意はまだあるそうです。
 予定していなかった方も、ぜひお出かけください。

« 「一味」ではないさみしさ | トップページ | うみにはちかづかないようにしましょう »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拍手を眺める:

« 「一味」ではないさみしさ | トップページ | うみにはちかづかないようにしましょう »