« れんが車庫のこと | トップページ | 台風一過 »

2014年10月 6日 (月)

この先ご遠慮ください

Pa052671_1

 高野写真館さんの古い建物は時々お伺いしてるし、首謀者のひとりA女史にも時々お会いするのだけれど、実はつむぎ日和に実際にお伺いするのははじめてでした。

 場所っていうのは、ひとで化けるのものだなと実感しました。
 ひとというより、ひとが運んでくるおもしろがるエネルギーで。

 百音ブレンドができあがるまでの間、一杯一杯丁寧にドリップする仕事をまじまじと見せてもらうのはたのしかったなあ。外の、テントでのコーヒー販売なのに、ちゃんと陶器のカップで、カップにお湯を入れてちゃんとあたためてから注ぐ丁寧な仕事。豆が膨らんでくるのを見るのもたのしいので、一杯で何杯分も楽しませてもらっちゃいました。
 こどもは皮ひものワークショップ。あんなに混んでいるなかでじっくりつきあってもらって作っていくあの感じは、とっても楽しかったようです。カミさんもひさしぶりに会えた人がたくさんいたようで、にこにこしてました。

 役所とか、商工業者絡みではなく、「やりたいから、やる」というイベント。
 田舎で一番欠けているのは、そういう部分だという気がします。
 それだけに、毎年(いろいろ大変だと思うけれど)楽しんでやっておられるこのイベントは、本当に素敵だなあと思うのです。

 そんなわけで、写真は旧高野写真館さん一階の「この先ご遠慮ください」の印。
 こんな素敵な展示はできないかもしれないけれど、今日は午後から街なかコレクションの紅梅文庫の展示のお手伝いにちょこっと顔を出してくる予定です。

 今週末も、あっちこっちでまちを散歩するひとがたくさんいると、いいなあ。

« れんが車庫のこと | トップページ | 台風一過 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この先ご遠慮ください:

« れんが車庫のこと | トップページ | 台風一過 »