« 地層 | トップページ | 話の種に »

2014年6月22日 (日)

鰻を食らう

Dsc_0130_2

 ウチのまちは、実はけっこういい養鰻場のあるまちでもあるので、土用丑の日にはたいてい、地物のうなぎを買ってきて、家で自家製鰻丼という家が多かったんじゃないでしょうか。それが、ここ数年のレッドリスト掲載かというほどのシラスうなぎの減少とそれに伴う価格高騰で、他県産や中国産など安いものも併記されるように。そして、市内産も以前に比べるとずいぶん高くなりました・・・が、やっぱりこの日くらいはちゃんと地物を食べたいなと思って、やっぱり予約してしまいます。

 そういえば、今年はチラシの中に「丑の日にあんころもちを食べる習慣がある」からということで、おはぎも載っていたけど、地元でそういう習慣があるのはどこだろう。それとも、ほかの場所の習慣の「輸入」なのかなあ。

 丑の日の頃には、もう梅雨もあけているはず。そんなこんなで一ヶ月さきのことを思う、スーパーのチラシの前なのでありました。

« 地層 | トップページ | 話の種に »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鰻を食らう:

« 地層 | トップページ | 話の種に »