« 大雨の後 | トップページ | いただきまあす »

2014年6月14日 (土)

縄文から昭和まで

P6141977_1

 考えてみれば、竪穴式住居と高圧送電線がおなじソラのしたにあるのって、不思議な風景だなあ。

 今日は土砂降りになったり青空がひろがったりと、なかなかに忙しいお天気。
 そして、晴れている時の色の感じは、なんだか夏の色なのです。

« 大雨の後 | トップページ | いただきまあす »

」カテゴリの記事

コメント

いい青空ですね。お久しぶりです。北海道は、梅雨はないですけど、ずっとハッキリしない天気です。夏の糸魚川の風景の写真を楽しみに、しています。

 忘れた頃のコメントで失礼します。

 先日の関東の雹みたいなことがあるかと思えば、糸魚川はあきらかに空梅雨。ときどき降るけれど、なんだか自転車でばかり通勤している気もします。
 ただ、そう思っていると梅雨の終わり頃にとんでもない雨が降ったりすることもあるので、まだまだ安心はできないですけど。

 そうはいっても、積乱雲と青空といった8月みたいなソラをみかけることが増えてきた気がします。
 また、そのうち夏空の写真を載せるので、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縄文から昭和まで:

« 大雨の後 | トップページ | いただきまあす »