« 花は、咲く | トップページ | 縄文から昭和まで »

2014年6月13日 (金)

大雨の後

P6131971

 昨日の夜はものすごい雷。そして、時折すごい勢いの雨でした。
 でも、朝にはおおむねあがって、歩いて幼稚園に連れて行ける程度に。このサイクルの振り方は、昼間に自転車も乗ることができて、いいなあ(笑)。

 さて、写真は今朝の須沢界隈の浜。
 段々の向こうの臨海公園エリアは、砂が入ってくるのを避けるために膝の高さくらいの低いフェンスがあるのだけれど、ところどころに出入りのための切れ目があります。その切れ目は、大雨が降ると舗装してある公園内の水が流れ出す「排水口」のように働くわけで、その結果としてこんな風にそのあたりの砂浜は一晩で見事に浸食されるわけです。

 表面の砂がすこしなくなると、大きな石がぼこぼこと出てきたり、こういう日に理科の「川の浸食」のフィールドワークとして海岸に来たりすると、楽しいと思うなあ。

 そんなこんなで、だんだんと日差しものぞいてきました。
 今日も、おはようございます。

« 花は、咲く | トップページ | 縄文から昭和まで »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雨の後:

« 花は、咲く | トップページ | 縄文から昭和まで »