« 若葉 | トップページ | 夏の終わり »

2014年5月 3日 (土)

新車の匂い

P5031674

 今日は長野駅からお留守番のオヤジを残して家族は上京。
 せっかくなので、乗る新幹線は来年の春に糸魚川までやってくる新型車両、E7なのです。

 この写真奥の、最後尾車両が飛行機のファーストクラスのような椅子がついたグランクラス。そして、そのずっと向こう。線路は糸魚川までもう既につながっているわけで・・・。

 いつもは見送るときに車内に入ったりはしないのだけれど、今回は話しのタネに座席まで荷物を持って入っていって見ました。
 自動ドアが開くとふわっと匂ってくるのは、あの自動車の新車に乗ったときのような匂い。
 電車でも、新車の匂いって、あるんですねえ。

 来年春の北陸新幹線で走る頃には、だいぶ匂いも取れているのかな。それとも、だんだんと増えていく新型車両で、その頃にも新車の匂いの強い車が走ったりしているのだろうか。

 なんだか「あと一年ないんだなあ」ということを妙に感じたE7初遭遇なのでした。
 (それにしても、ちょっと体調が悪かった下の子が、この新車の匂いにやられることなく、無事東京についたのはほっとしました。あの匂いって、気になるときには、ずいぶん気になるものですもんねえ・・・)。

« 若葉 | トップページ | 夏の終わり »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車の匂い:

« 若葉 | トップページ | 夏の終わり »