« 遊びの雪、生活の雪 | トップページ | 朝読書の駐車場で »

2014年2月17日 (月)

そこかしこに

P2130757_1

 山梨や長野の東信・南信エリアを中心に起きている、日ごろ降ったことのない量の雪でほとんどすべての道路が使えなくなっている大雪。心が痛みます。

 そして、そう思ってまわりを見回すと、雪が降っている時もいないときも、この時期のウチのまわりにはそこかしこに重機や除雪車が。確かに、積もってから向かうのでは現地に到達できないかもしれない。だから、早川谷にも、海谷にも、根知谷にも、ちゃんと奥の方に除雪を担当する会社さんがあって、そこには重機がある。それ以外にも、それが待てないときのために手押しなどの小さな除雪機を持っているひとたちも多いし、お店の駐車場などは近所の建設会社などに依頼してはしっこに積み上げてもらう契約をしているところも多い。
 これだけ多くの「準備」があるから、たとえば一晩に1m積もっても「今日は多いから不便だな」とは言っても、命の危険を感じるほどまでには生活が破綻しない。そういうことなんだなとあらためて思います。

 さて。

 本当に酷いことになっている地域のみなさんへ。

 埋まってしまった道路は、除雪車が来なければすぐにはあけることができません。そこに放置車両があったりすると、全部壊していいのであれば話しははやいかもしれないけれど、実際のところそういうわけにもいかない。どうしても手作業も出てきます。なにより、除雪車や融雪剤、それを使うことのできる技術者の絶対量が足りません。ひとは来ることができるけれど、重機はそとから大挙してやってくることはできない。

 だから、「本当に物資がないところへ空から持ってくる」ようなことはできても、まわりの道路をオールグリーンにするには、誰かがサボっていなかったとしてなお、それなりに時間がかかってしまう。災害救助法を適用してお金の面で後詰めするとか、自衛隊の出動を要請するとか、市内の業者に災害協定に基づく除雪を発注するとか、できる範囲のことを役所などがサボっているようには見えません。圧倒的に「容量不足」なだけなのです。

 ニュースが報道しないことを、見捨てられたように感じる方もいると思います。でも、首都圏のトラブル以外では相当酷い状況でも報道されないのはいつものことです。それに、ただでさえ雪で交通が麻痺しているところにテレビの中継クルーが大挙してやってきて「スーパーの棚が空です」「雪が埋まっています」と数少ない動ける道を中継車で塞がれてしまうほうがよほど迷惑。こういうときに情報を取るのは、テレビではなくラジオです。

 ネットは、情報を集約することもできるけれど、不満を可視化して集約しすぎることも簡単にできてしまう。そのひとたちが「クレームの電話を入れる」だけでも、現地の作業キャパシティが破綻してしまうようなこともあります。

 「お店にきていただければ、ほうとうを炊き出しています」というようなお店の情報が伝わってきたりします。みんなで、いい情報をシェアして、がんばってください。

 応援しています。

« 遊びの雪、生活の雪 | トップページ | 朝読書の駐車場で »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこかしこに:

« 遊びの雪、生活の雪 | トップページ | 朝読書の駐車場で »