« 白線 | トップページ | 波の威力 »

2014年1月28日 (火)

ふうわり

Img_1314

 僕の散歩圏内では、今は夕日は日本アルプスのはしっこ、親不知の山の向こうに沈んでゆく季節なのだけれど、すこし東の方へ行くと海にジュッと音を立てて沈んでゆくような場所もあります。
 そして、そのでっかくて赤いマルからすこし視線をずらしたときの、このオレンジにふうわりと染まる山々が、なんだか好きなんだよなあ。海もずいぶん沖の方まで白く泡立っているのだけれど、それだってなんだか穏やかに見えるこの時間帯。これは、荒々しいといわれる冬の日本海の、静かな夕暮れ時の風景。
 波打ち際に立てば、おそらく風情なんて感じないような冷たいしぶきがどんどんかかってくるのだろうけれど、ほんの少し離れて見ると、なんだかやさしい気がする。冬の日本海のおだやかさは、そんな距離感とともに感じるものなのです。

« 白線 | トップページ | 波の威力 »

」カテゴリの記事

コメント

素敵なオレンジ色の海ですね
綿磯住んでいるとこは寺泊が近い海なので冬の日本海は鉛色の重たいイメージですが 糸魚川の海岸を散策した時に生臭さ  潮の香りが無くて驚きました。
また海の色がとてもきれいでエメラルドグリーンでした。これが、日本海の海の色かとなかば驚きました
また行きたいです。

 どうもありがとうございます。

 冬のすこし霞んだ海の上に夕日がやってきて、ほぼ写真のままの色になりました。
 夕日そのものの鮮烈さより、この色が好きなんだなあと、撮りながらあらためて思います。

 潮の香りは風向きの感じでしょうか。糸魚川周辺でも強いときは強いのだけれど、言われてみれば寺泊のあたりの海沿いを走っているときよりは弱い気もします。この時期の「波の華」の出現頻度もこちらの方が低いので、海の水の組成みたいなものがすこしちがうのかもしれませんね。

 そんなこんなで、糸魚川へ。ぜひまた、お越しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふうわり:

« 白線 | トップページ | 波の威力 »