« 桜も銀杏も愛でる | トップページ | やってきた »

2013年12月 2日 (月)

まつりのあと

1127126

 昨日は、芝居「ある町の善人」の楽日。
 夕方、無事幕がおりてキャストのみなさんがお客さんを送り出し、片付けがはじまった頃。ホールのロビーを出入りしていたら、事務室から「笑点のテーマ」が聞こえてきました。なんでも、昨日はひさしぶりの「座布団十枚」があったんだそうで。

 宮島春彦先生が関わる糸魚川の芝居でステージ裏に入るのは二回目。そして二回とも、最初からのスタッフではなく、途中の補充要員としての、たとえばコンサートツアーにおける「現地さん」みたいな役まわりでした。だから、やっと終わった達成感と脱力感(おそらくは「今日からは悩まないで眠れる・・・というようなものも)から涙するみんなを、そこまで生活の全部を持って行かれていなかった僕は、すこし寂しく眺めていました。
 そして、全日程を戦ってきたキャストとスタッフの「おなじ窯の飯」な感じが、なんだか眩しくて。

 今日は、みんなが祭りの後の寂しさを噛みしめているのだと思う。それは、ほんの少しだけ関わった僕とは段違いの、大きな寂しさなのだろうな。そんなことを思いながら、今日はきららのステージでなにかをやらかすとき、ついいつも撮ってしまう袖の花道の「青」ののれん越しの写真を選んで見ました。

 お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。
 キャスト・スタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。

 そして。

 

さあ、月曜日。おはようございます。

« 桜も銀杏も愛でる | トップページ | やってきた »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まつりのあと:

« 桜も銀杏も愛でる | トップページ | やってきた »