« かえりみち | トップページ | 遭遇 »

2013年10月20日 (日)

三並びの頃

Dsc_0123_1

 かつて僕が小学生の頃、姫川を渡ってでかけていく「糸魚川」は僕にとってあきらかにわくわくするおでかけ先で、アキヤマ・ヤマシタ・小八木と並んだ3つの「デパート」は憧れる場所でした。

 さて。

 昨日の資源回収(かつては「廃品回収」と呼ばれていたヤツです)で、何十年ぶりかでアキヤマの袋をたばねたものをみかけました。数年前に「アイビス」の袋を見たときにもびっくりしたけれど、こういう袋を大事に取ってあるお宅って、まだまだあるんですね。
 ちょっと懐かしい気持ちでの回収作業。あの頃の「バスに乗って出かけていって、4F食堂で水のコップにスプーンを浸してある、グリーンピースがのったカレーを食べた」日曜日をちょっと思い出してしまいました。

 ああいう、おでかけわくわく感。今の子だとどこまで出かけると感じるのだろう。そう考えると、行動範囲が年とともにすこしずつ広がっていったあの頃の感じは、案外と贅沢だったなあと思ってしまうのです。

« かえりみち | トップページ | 遭遇 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三並びの頃:

« かえりみち | トップページ | 遭遇 »