« かえってきました | トップページ | 大暑の夕方 »

2013年7月23日 (火)

つながりました

Img_7347

 出張から戻ってきてみると、あと少しでふさがりそうだった場所がちゃんとふさがって、右岸側に河口ができる「半島形式」になっていました。

 個人的には、姫川は左岸側に平行に走るように注ぐ形になりたがる川だという印象があったのだけれど、あらためて撮りためた履歴を見てみると、大雨の後のまっすぐ注ぐ時以外はこの形のバリエーションになっていることが一番多いようで、ひとの記憶ってあてにならないものなのだなあとあらためて感じたりもしました。

 そして、ふさがるということは、不在の4日ほどはあまり大荒れの雨は降らなかったのだなと言うことも想像できる。なかなかに楽しい大人の自由研究なのです。

« かえってきました | トップページ | 大暑の夕方 »

姫川河口の変遷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つながりました:

« かえってきました | トップページ | 大暑の夕方 »