« おもちゃ | トップページ | 糸魚川ジオパークまるごと調査隊 »

2013年6月 9日 (日)

呼び名は変わっても

P_20130609_074146

 今日は子どもが通う小学校の「資源回収」の日。ご近所の公民館の横、でっかい銀杏の木の下に、どんどんと新聞や雑誌が積み上がっていきます。
 こういう、どんどん子どもとそのオヤジ・オフクロが車に新聞や雑誌を満載して集めてくる様子を見ていると、少子化ってどこの国の話しなんだろうって思うこともある。確かに、授業参観に顔を出すと、一学年の人数は僕らの頃よりもずっと少ない。僕らの親の世代だともっと多かったそうだから、どんどんこのまちの子どもは減っているのだとも思う。
 でも、この資源回収のときのたくさんの人をみると、ひとりの子どもにはたくさんの人がちゃんとつながっているのだなあということが一目瞭然の光景となって展開されるわけで、たいへんだけれど、ちょっとうれしい。そんな気もします。

 そして、こういう場所にでっかい木があるのは、やっぱりいいなあ。

 そんなこんなで、今日はスマートフォンの写真なのでどこかイヤらしいくらい青い青空の写真だけれど、気分的にはこんな空だったような気もするので、いいことにします(笑)。

 あ、そうそう。名前がかわったのは、回収行事の名前。僕らが子どもの頃は「廃品回収」でした。もう使えないものが蘇るというニュアンスは、こちらのほうが強い。でも、「リサイクルできるものなんだから大事に」というニュアンスは、今の「資源回収」のほうが感じられて、言葉の手触りっていろいろだなあと、そんなことも思う行事なのです。

 みなさん、お疲れさまでした。そして、いっぱい新聞や雑誌を取っておいてくれて、朝にたくさん出してくれた地域のみなさん、どうもありがとうございます。

« おもちゃ | トップページ | 糸魚川ジオパークまるごと調査隊 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼び名は変わっても:

« おもちゃ | トップページ | 糸魚川ジオパークまるごと調査隊 »