« 侵食 | トップページ | 新刊がでましたよ »

2013年4月28日 (日)

青葉を待つ

Img_4668_1

 そろそろ、姫川漁港前のコンクリート壁にある蔦の大木の足元がだいぶ緑色になってきました。
 木のほうも、見ると新芽がたくさん出ていて、もうじき真っ青になっていくんじゃないでしょうか。
 今年もこの木、ずっと眺めて、時折取っていきたいなと思っています。

 というわけで、先日の夕暮れに赤く浮かび上がるこの木のスナップ。

« 侵食 | トップページ | 新刊がでましたよ »

植物」カテゴリの記事

コメント

いろいろと「待つ」ことってありますが、「青葉を待つ」という感覚もあるんですね。

関東はこの時期、普通は「春でも夏でもない季節」あたりなのですが、今年は3月終盤のような感じがあります。

 みりいどくん、おひさしぶりです。

 今日は、All Together Now 2013のオンエアを聞いてずいぶん怒ってます。これが楽しみでGWを指折り数えて待ってたのに(涙)。
 さて、ここの木ですが、だいぶ緑の葉っぱが出てきました。これを撮ってわずか一週間。どんどんと緑は形をかえていくのだなぁと、そんなことを思ったりもします。

 春は、いろんな形で待つし、「もう春だ!」とそのたび思うのだけれど、それでもなお、「まだ春じゃないよ」って揺り戻しが何度も何度も来ちゃう。だから、「もう春だ!」のスイッチは、僕らのなかにはずいぶんとたくさん自然にできあがっているのだろうな、と。そんなことを思ったりもします。

おひさしぃ~(^^)/
コメント欄を見て、「All Together Now」のAMバージョンを聞くことが出来たながしまです。
ありがとう。
1時間では物足りなかったなぁ~。
「今だから」は財津さんが、「2人がすすめていきました」って内容の話を言うのを聞いて、財津さんっぽいなぁ~と思いました。

 ふみさん、おひさしぶり。

 AMだけってのは幸せかも。AMはかなり幸せな放送でした。FMはもう「ふざけんな」でしたから(笑)。

 財津さんは「オフコースのファンクラブ会員番号一番」を自認する人だから、あの三人でやるのは楽しかったんだろうな。個人的には、ユーミンがスタジオの中にいる間にサブにいた小田さんと財津さんが、ふたりでやっていた「バンド内の悩み事相談」に興味があります。なに話してたんだろう。

 AllTogetherNowのオフコースのステージでは、当時だから夢見ていたことがひとつありました。
 Yes-Noをやるんだから「この曲には、ギタリストがもうひとり必要です。鈴木康博!」ってやって、ヤスさんがステージにのぼってくる。そして、あの日だけ、五人のオフコースが復活する。
 それくらい「特別」なステージだったと思うのだけれど、逆にいえばあの日やらなかったから、もう永久に「五人の」はないし、やらないでほしいと、そんなことを思うようにもなったのを思い出します。

 最近、Facebookで大間ジローさんをフォローしているのだけれど、地元にいいフィードバックをしているなあと、ほんと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青葉を待つ:

« 侵食 | トップページ | 新刊がでましたよ »