« 200回めの土よう子ども会 | トップページ | 花粉症の季節はポケットティッシュ »

2013年3月11日 (月)

もう2年、まだ2年

Ep397378_1

 つい先日の200回目の土よう子ども会は、いつものきらら青海講座室ではなく、となりの生涯学習センターの会議室で。
 で、ふとここでなんだか2年前のことを思い出して、ロビーを一枚撮ってしまいました。

 この建物は、震災直後に数ヶ月だけおもに南相馬のひとたちの避難所だった場所。むかって右側の壁には南相馬のお祭り唄の手ぬぐいや壁新聞がいっぱいに貼られ、充電中の携帯電話がいっぱい並んでいたのを思い出します。
 ちょっと顔を出してお話ししていたら「買い物にいきたいんだけど、バスが不便で・・・」という話しが出たので、ちょこっとウチの25万kmも走っている古い車でいっしょに移動なんてことがあったのだけれど、そのときのやりとりは今でも鮮烈です。

 「すいませんね、こんなボロ車で」「ぜんぜんへいき、お兄ちゃん。だってこの車、流されてないもん」

 そして、お店の近くにやってきたら、溜息のように「ああ、パチンコやりてぇ」。そして、「あ、回転すしだ。今日はお昼お寿司食べてかえろうよ・・・」。

 まだまだ、震災から1ヶ月経つかたたないかという頃のお話し。普段通りが本当に遠かった時期です。

 でも、まだまだ「普段通り」には戻れないひとたちがものすごくいっぱいいるんですよね。

 せめて、東北産のたべものを「放射能が怖いから」と忌避するのはやめようよ。ちゃんと検査して出てきているものは、積極的に食べようよ。
 瓦礫のこともそうだけれど、僕はそう思う。あそこは僕らが住むのとはちがう場所だから、僕らの場所とは隔離したい。ぶっちゃけて言えばそんな意味のことばを吐く人が少なくないのだけれど、僕はそうはなりたくないと、いつも思うのです。
 だって、おなじ時期におなじ国で生きている仲間なのだもの。

 そう、あらためて思う、二年目の3.11なのです。

« 200回めの土よう子ども会 | トップページ | 花粉症の季節はポケットティッシュ »

まち」カテゴリの記事

コメント

逃げまくって生きられるほど日本は広大な国土を持っているわけではないですからね。
東京や仙台から放射能の懸念で九州、沖縄に逃げた人は今、大変な思いをしているのではないかな。
堂々といろいろなところで、発信していましたね、そういう人たちは。
子供のためと言っているけれど、自分が怖いだけじゃないでしょうか。
逃げられぬ人のことを思うと、ふつふつと怒りがこみ上げてきたことを昨日のことのように思い出します。
福島の産品、我が家では普通に食べていますよ。支援といった意識は、特にもうないです。

 結局のところ、大消費地のひとたちの動向が現地を左右しますからね。最寄りの、そして最大の大消費地は関東エリア。だから、関東のひとたちが福島周辺のものを忌避しないという姿勢をきちんと打ち出さないと、現地は本当にすくわれない。
 実際のところ、3.11直後に水などがショートしたように、物流がなければあっという間に干上がってしまうのが都市圏でもあるわけだから、ちゃんと運ばれたものをありがたくいただくというのは、自らを守るすべでもあるわけで、そういうことを多くの人にきちんと意識してもらいたいなと思います。

 とはいえ、棚に並ばなければ、ふつうのひとは買うすべもないわけですから、ちゃんと棚に並ぶように「買うよ」という意思表示は、意識してやっていかなければいけないのだろうなと、そんなことを思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう2年、まだ2年:

« 200回めの土よう子ども会 | トップページ | 花粉症の季節はポケットティッシュ »