« 先輩と、後輩 | トップページ | 空の青への感じ方 »

2013年1月24日 (木)

ほとんどのひとは、よい人です

Ep336932

 誰が考えたのだろう。「ほとんどの人は、よい人です」っていうのは、いいアプローチだと思う。
 知らない人から話しかけられたら全部悪い人だと思え、挨拶もするなっておしえる親もいる。確かに、話してみて感じのいい「悪人」ってのはいっぱいいるし(そもそも人を騙すスキルのある人というのは、たいてい誠実なひとよりも人当たりはよかったりするのだ)、挨拶は元気よくするけれどもやっぱり悪い人そうだからついていかないようにしようっていうような高度な判断を、幼児ができるかどうかには疑問はある。

 でもさ、やっぱり大人としては、まわりから声を掛けられたらちゃんと返事したり、挨拶したりする子になるように育てたいし、そもそもまわりの大人たちにちゃんと顔をおぼえてもらって、コミュニティのメンバーになるような育て方をしたい。
 だったら、難しいことでも「ほとんどの人は、よい人です。でも~」という部分にきちんと向き合わないといけないのだろうなと思うのです。

 問題解決はシンプルにしてしまったほうがいいケースが多いこともある。でも、面倒でも通ったほうがいい解決ルートだって、まちがいなくある。
 そういう意味では、この幼稚園に張られていたこどもの安全のポスターは、なんだかとってもあったかくも頼もしい大人の意思表示のようでもあって、僕は気に入ってしまいました。

« 先輩と、後輩 | トップページ | 空の青への感じ方 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほとんどのひとは、よい人です:

« 先輩と、後輩 | トップページ | 空の青への感じ方 »