« 折れたてのほやほや | トップページ | ほんのすこしの南北差で »

2012年12月25日 (火)

クリスマスが過ぎると

Img_2984

 あとはもう、なんとか仕事をやっつけてお正月を迎えなければいけませぬ。
 そんなこともあって、昨日は繭玉飾り用のもなかを買いに、おもちゃのおおせさんに行ってきました。
 本当であれば、繭玉は木にお餅をまきつけるものなのだろうけれど、ウチのあたりではずっと最中。やっぱり、お餅が貴重なごちそうだった頃の名残なのかな・・・などと、勝手に思って見たりもしています。

 うちではいつも、30日頃に年取り用の餅を弟家族と一緒についたあと、午後から繭玉の木に飾り付けをして、一本はウチに、そしてもう一本は弟家族が持ち帰ります。

 おおせのおばさんが言われるには、県内でもこういった飾りを商うおもちゃやさんは、もう数えるほどになってしまったのだとか。店頭に繭玉用にちょうどいい大きさの枝があり、宝船やお米の俵、繭玉の飾りが並ぶお店。こういうお店も、ずっと残って欲しいなと思うのです。なにせ、毎年ほんとうにあてにさせていただいているので。

 そして、いよいよ今年も今週でおしまい。気を引き締めてがんばらなきゃ。

« 折れたてのほやほや | トップページ | ほんのすこしの南北差で »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスが過ぎると:

« 折れたてのほやほや | トップページ | ほんのすこしの南北差で »