« 今年の紅葉 | トップページ | かえりみち »

2012年10月27日 (土)

姫川橋脇の歩道にて

Img_0972_5

 先週のこども御輿では、獅子やおかめの人たちがわらじで走り回っていたのを見て、「あれで走るのは、キツそうだなぁ」と思いました。地面が舗装されていない頃なら、履き物にはフィット感のほうが必要で、膝などへの負担を和らげる仕組みというのはそれほど重視されなかったのだろうから。
 そういう意味では、マラソンのシューズも上級者用はそういった機能を削ってその分軽量化されたりすることもあるのだそうで、履く人のスキルが問われるのだなと、そんなことをふと思ったりもします。

 さて。

 姫川すぐ脇の歩道に、一足の男物の雪駄が脱ぎ捨ててありました。
 こういうところにはあまり落ちていないものだから、なんでだろう?と思わず撮ってしまったのだけれど、なんでだろう・・・。あまり、ここに至る物語が思い浮かばない場所に脱ぎ捨ててあるので、逆にいろいろ想像してしまいました。

« 今年の紅葉 | トップページ | かえりみち »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫川橋脇の歩道にて:

« 今年の紅葉 | トップページ | かえりみち »