« 路地 | トップページ | 二層の空 »

2012年10月31日 (水)

時々黒姫

Ep305998

 昔デンカさんに引きこまれていた旧貨車線路。
 今では線路もはがされて、ただの空き地になっていますが、その脇に下りてみると、いまだにトロッコの狭い線路があります。でも、それも進んでいくと草に埋まってこんな感じの小道に。
 ススキと秋桜に埋まる小道からの、ぼくのまちのやま黒姫は、ほんのり紅葉。でも、雪はまだ。そんな季節です。
 もう少し奥の山々にはだいぶ雪が乗り始めました。黒姫ももうじきかな。

« 路地 | トップページ | 二層の空 »

」カテゴリの記事

コメント

オーナー様
この景色は北斗町裏から電化口方向に黒姫を見ている景色ですかね?手前の高架が北陸自動車道かな。
小学校のとき、金井製パンさんや水島精肉店(?)さんの裏がわを通り、映画館前を抜けて学校まで歩いたの
を思い出します(*^-^)銀林書店さんも通りにありましたよ。なんだか懐かしいな、同級生が草むらから
飛び出してくるんじゃないかとどきどきしました(o^-^o)感謝。

 おひさしぶりです。

 場所はおっしゃるとおり、北斗町の裏です。
 このあたりは、金井製パンさんもありましたね。
 銀林書店さんは、僕が通う頃にはもう、今のたつがみ理容店さんのところ(旧青海町役場の近く)にあったので、何度も引っ越しされているんですね、きっと。一応、書店としては10/31でおしまいとのことですが、まだ後片付けされている間は、在庫の文房具はそのまま商っておられるそうなので、また顔を出してみたいと思います。

 ここのあたり、不思議だなと思ったのは「入り口のない公園」があったこと。
 この、トロッコ線路から川を渡ってはいるルートが一つあるだけで、表通りからは家と家の間の隙間を通らないと入ってこられない。
 昔は、このトロッコ跡はいっぱい人が行き来していたんだなとか、家の間の隙間は普通に「通り道」だったんだなとか、いろんなことを思う、そんな公園でした。そして、この一枚は、その公園のブランコのすぐ横からのものなんですよ。

私は、桜ヶ丘の社宅に住んでいたこともあるし、
深田社宅に住んでいたこともありました。
青海小学校は 木造の古い校舎でしたし、
中学校は 小学校の隣にあった時代です。

先日も 『銀林書店』のことを書きましたが、
私も 北斗町に『銀林書店』があったときにもお店に行きましたし、
西澤さんがおっしゃる「今のたつがみ理容店さんのところ」という場所に移ってからも
買いに行きました。
その後も 移られたのですね。

知っているお店や地名が出てくると とてもうれしいです。


秋が深まり、だんだんと冬支度の話題が多くなる この時期
毎日 西澤さんの写真を見るのが楽しみですね。

 元青海町民さん、どうもありがとうございます。忘れた頃のコメントでごめんなさい。

 青海小が青海中の隣にあったというと、僕らよりも先輩の方ですね。
 僕が青中に通っていた頃は、被服室の向こうに床がぼこぼこの「町体育館」があって、そこが青小の名残だって聞いたことがあります。

 今は、深田社宅も整地されて建物はなくなっちゃいましたね。
 でも、川をまたいだお向かいの桜は今でもなかなか見事です。

 そんなこんなで、拙い写真ですが、時々またみてやってください。どうもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時々黒姫:

« 路地 | トップページ | 二層の空 »