« げんぎょのまち | トップページ | 三月の雪 »

2012年3月11日 (日)

いちねん

Img_7808

 3/11がやってきました。
 あの日、僕はPCに向かって仕事をしていて、座っていてもなんだか目が回る感じに、「今日はいつもより血圧が高いのかな」なんて思ったりしたのを思い出します。

 現地で炊き出ししたわけでもなければ、現地サポートのための仕事をしたわけでもない、単にニュースを見て悲しい気持ちになり、募金箱に時折小銭を入れただけの小市民としては、なにもえらそうなことはいえないのだけれど、それにしてもこの一年間は、大きな災害後としてはあまりよくない対応が続いた一年間だったように思います。

 全体の指揮を力強く執るひとが、多少の矛盾を内包しながらもどんどんと突き進んでいくという形は、今は難しい。だから、あてにならないひとを嘆くよりも、できるひとができることをやっていかなければいけない。その中で、なにができるのか。

 やはり、ある意味「僕の国で起きたひどいことなんだ」っていうことを、あらためて認識しなおすことが大事なのだと思うのです。
 確かに、放射能に汚染されたものは食べたくない。でも、一方で「ぼくらがいやだから」と、ひどい目にあっている人たちを拒否していくようなやり方もしたくない。
 だから、少なくとも「自分たちの安全」のための物言いを、ヒステリックなレベルではやりたくないとも思う。ある程度は、困ったことも引き受けていく覚悟も持たなければいけないのだと思う。

 なぜかといえば、それが(国という言葉を使うとなんだかきな臭い感じがして少々違う気もするのだけれど)「ぼくのくにのこと」だから。

 そう思う、一年後なのです。

« げんぎょのまち | トップページ | 三月の雪 »

まち」カテゴリの記事

コメント

オーナー様
あれから、一年。まだまだ被災地の復興が遅々として進まない現状と被災地でない同じ日本でのエゴのような反発とほんとうに心が苦しくなる思いばかりが一年たったいまでもなくなりません。黙祷。

 どうもありがとうございます。

 やっぱり、人を糾弾するのって、ラクなんだと思うんですよ。だから、みんなで「あれがよくない」「ここがダメだ」って言っちゃう。でも、いくら文句言ってもたとえば瓦礫が1gでも片付くわけではないんですよね。
 もちろん、いろんな検証はしなきゃいけないのだけれども、みんなで検証ばかりしてても仕方がないわけで、やっぱり、できることを自分たちでどんどんやっていくって、大事だと思うんですよ。

 そういう意味では、日曜日に見ていた鉄腕ダッシュは心に響きました。
 いろいろ、がんばらなきゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちねん:

« げんぎょのまち | トップページ | 三月の雪 »