« 南極点到達? | トップページ | おつかれさまでした »

2012年2月26日 (日)

博多の女(ひと)

Ep352042

 もう15年ほど前ですが、モダンチョキチョキズというバンド(のようなもの)がありまして、なかなか癖のある女優として活躍している濱田マリがヴォーカルを取る歌の一つに「博多の女」なる歌がありました。

 (なんとも脱力するけれど、宴会でやったら盛り上がりそうな曲なので、興味のあるかたはこちらを。版権的に問題あるのですが、Youtubeへのリンクです)。

 妙に気に入って時々鼻歌で歌っていたら、昨日カミさんが「近所のスーパーで売っていたよ~」と、二鶴堂の銘菓、「博多の女」を買ってきてくれました。ワタクシ、昨日が誕生日でしたから(笑)。

 そういえば、僕がちっちゃい頃は、こういう「ミニ物産展」みたいなものがようやく近所のスーパーではじまった頃。でも、そうそうしょっちゅうはなかったから、最近のように、生ものが入った北海道の駅弁が"朝市"で並ぶようなことはなかったですし、大きな催し物ではなくて、ちょっとした○○コーナーのようなところに名産が並ぶこともありませんでした。
 こういうのも、今の物流の良さとか、「日本が狭くなった」ことのあらわれなのだろうなぁと思ったりもします。

 ちなみに、モダチョキの「博多の女」をご存じの方のために。二鶴堂の「博多の女」は、あの歌に出てくるように「まんじゅう」ではありませんので、念のため。

 さて、それでは今日は夕方から「根知谷にきらめくキャンドルロード」にでかけたいと思います。ちょっと雪もちらつくようですが、それはそれで幻想的なんじゃないかと。
 ハンドベル演奏も、楽しみにしてますんで、スタッフのみなさん、がんばってください。

« 南極点到達? | トップページ | おつかれさまでした »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多の女(ひと):

« 南極点到達? | トップページ | おつかれさまでした »