« 避雷針の先 | トップページ | まだまだ夏休み »

2011年8月24日 (水)

笹寿司のかたち

Img_1919

 ちょっと帰りが遅くなり、家族と一緒に夕食を食べそびれました。
 で、食卓に残してあった、昨日の僕の晩ご飯が、これ。真ん中にあるのは、能生の山水館さんの笹寿司。昨日能生であった読書イベントでカミさんが絵本を読んできたのだけれど、そのときに昼食としていただいたものを持ち帰ってきて、ご相伴にあずかったというわけです。

 さて。

 ウチで食べる笹寿司は、買って食べるのも、いただきものも、根知スタイルものが多いです。笹をL字にして、細長く並べていく形。ただ、このあたりの笹寿司は、のせるものや形など、谷ごとに少しずつちがっていて、川なんぼんも東側になる能生谷だと、こんなにもちがう形になるんですよね。長小判型のご飯。両端を切りそろえた笹の、すこし短めの笹寿司。

 一度、ここいらへんのすべての谷の笹寿司を並べて食べてみたいなぁ。こんど、おまんた祭りのイベントの一環としてとか、どうでしょうか(笑)。

« 避雷針の先 | トップページ | まだまだ夏休み »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

 私はお盆に食べたよ。ばあばあが作ってくれたわ。
 根知の笹寿司は、四角い木箱を使う押し寿司タイプ。
 私が一番好きな具は、水煮のサバ缶を醤油と砂糖で濃いめに味付けして、いり煮したそぼろです。(この具だけの笹寿司でも大歓迎だわ)
 うちの笹寿司は、大きめの笹に酢飯をギューと押してあるから、1本につきご飯の量は1膳分以上かと……普段お茶碗に半分しかご飯を食べない私が、3~4本は食べちゃうの。恐るべし笹寿司!お米好きな管理者さんなら、かなり食べられるのでは。
 形は違えど、お米をおいしく頂く知恵なんですかね。さすが郷土料理。

 そうそう。根知のは、売り物のではなくて地域の人が作るヤツは、長いですよね。具も5つくらい乗ってることが多くて。
 最近はすこしは食べる量が減ったワタクシも、ハタチの頃は10本以上食べてました。あれで、胸焼けしないんだから、若かったんだよなぁ。最近、20代の写真友だちから、「400gステーキのレストランが近くにあるんですよ。○○高原へ写真撮りにいきましょう」って言われて、「おー!」と思わずに食欲減退しちゃったくらいですから、年相応に胃袋も衰えてきてるんだなと思います(笑)。

 しかし、あの鯖そぼろ、ワタクシも大好物。あれだけゴハンにかけて食べてもいいかな。

 さて。今日はおててこ舞いですね。がんばってきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笹寿司のかたち:

« 避雷針の先 | トップページ | まだまだ夏休み »