« 巣立ちの季節 | トップページ | 撮る »

2011年6月21日 (火)

ぼくのまちのこと

P6191849  先週末から月曜日まで、房総半島の真ん中よりちょっと先の方でお仕事してきました。
 で、写真はそのまちで見つけた自動販売機。

「ぼくの生まれた市原」

 からはじまる自動販売機に書かれたこの文章は  

「養老けい谷があって
小みなと鉄道があって
象がいて ダムがあって
工場がある。
自然と歴史のあるこんな市原を  ぼくはなとなく大好きだ。」

 と続きます。

 いいなぁ、こういう気持ち。そして、僕も、こんなふうに思うことを伝えたくて、ブログに駄文を書き散らかしているのだよな・・・なんてことをふと思い出しました。

 小湊鐵道の気動車たちは、今回見ることができなかったけれど、そのうち一度、見に行きたいなぁ。

« 巣立ちの季節 | トップページ | 撮る »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのまちのこと:

« 巣立ちの季節 | トップページ | 撮る »