« こういうコラボレーションもあるのか | トップページ | 計画停電 »

2011年3月15日 (火)

がんばれ、じゅーきーず

Img_9273

 新潟がある東北電力エリアでは計画停電は見送られたものの、取引先関連の東京電力エリアの計画停電に絡んでの検討や作業で、昨日はいろいろあたふたしました。
 東北電力エリアの計画停電も、今日はないそうで、ひとまずは安心していますが、止めたり動かしたりに手続きが必要な装置に関係する仕事なので、ちょっとしばらくは大変そうです。電気が来るかこないかわからないということで、対策に追われた人たち、多いんじゃないでしょうか。みなさん、お疲れさまです。

 とはいえ、東京電力や政府のひとたちを責める気には、なれない。
 原発をメルトダウンさせたいとか、電車止めて会社を機能不全にさせたいとか、そう思って仕事してる人はいないはず。現場にいるひとが一番、きちんと対策をしたい。まさに、胃が痛む思いで睡眠時間を削ってやっているわけで。ただ、人間のスキルに対して、対処すべき問題が大きすぎる。いわば能力不足の問題だから。
 こんなにシステマチックで便利な国に、こんなに大きな災害が発生して、いろんなインフラが消失し、リソースも圧倒的に不足している。そんな前提条件で、なんの混乱もなく問題を対処できる経験と力を持った人なんて、世界中どこにもいません。もしそれが可能なのであれば、消失したインフラも、減ったリソースもはじめから要らなかったってことになってしまう。
 それだけに、僕等ができることというのは、サポートはするけど、邪魔はしないということだなと思うのです。

 写真は、海岸近くに置いてあった重機。津波注意報が解除されて、ようやく海を見ることも増えてきました。現地では、彼らがこれから本当にがんばらなければいけないのだろうな。重機を使うひと、家の倒壊可能性を判断するひと、医療やカウンセリング、福祉関係のひと、復興を計画する人、さらなる問題を発生を防ごうとするひと、生活必需品の提供をするひと・・・。
 僕は、ただただ、サポートしたいと思う。
 少なくとも、邪魔はしないようにしたいな、と。

« こういうコラボレーションもあるのか | トップページ | 計画停電 »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ、じゅーきーず:

« こういうコラボレーションもあるのか | トップページ | 計画停電 »