« 対岸 | トップページ | "映像がいる"ということ »

2011年3月12日 (土)

昨日からの地震のこと

 昨日の地震は、最初は体調不良かと思いました。バリバリとも、ガサガサともいわず、ただゆらりゆらりと揺れる、船酔いのような感じ。それがずいぶんと長く続いて、「普通の地震じゃないな」と。

 そして、今朝は新潟と長野の境界あたりを震源とする地震で目が覚めました。
 この地震での糸魚川市内での被害は、ありがたいことに特にないようです。

 でも、津波の被害があきらかになればなるほど、あちこちのまちが、まったく姿を変えていることに、愕然とします。

 被害に遭われた方たちには、本当になんと言っていいのか・・・。拙いブログを読んでいただいているみなさんがご無事であることを、お祈りしています。

« 対岸 | トップページ | "映像がいる"ということ »

まち」カテゴリの記事

コメント

 糸魚川は無事で何よりですが、第二の故郷である仙台の惨状は・・・。馴染みのある地名が聞こえて来るし、友人の一人と連絡が取れないので心配なんですが。

 余震のせいで落ち着かないですね。被害が無いから普通通りに過ごしても大丈夫なんでしょうけど。

 最初は自分がめまいを起こしているのかと思った、今回の地震。テレビで見るのがつらい現状ばかりです。私も小僧も今朝は、朝4時前の地震で目が覚めました。
 仙台のお友達2人と連絡が取れません。1人はメールで何とか大丈夫、との事ですが、ライフラインが…とのこと。物資を送ることもできない今、彼女がどんな気持ちでいるのかと思うと歯がゆいです。
 昨日の地震特番である局アナさんが言ってました。「落ち着いてからガスの火を消してください。お子さんがおびえていたら、今すぐ抱きしめてあげてください」その一言で涙が出ました。

 印度さんは、仙台ながかったですもんね。

 近所の地震は一段落のようなので、とりあえず我々は、できることをして後方支援をがんばらないと・・・ということなのだと思うのだけれど。

 一つは、「野次馬として現地を傷つけるひとたちに荷担しない」ということが、大事になってくると思うんですよ。中越のときには、酷い話がたくさんありましたから。僕等が、そういう絵を求めていると「連中」が思っているから、どんどんとそういう絵や声を取りに、まるでランナーズハイ状態になったようなテレビのひとたちが集まるわけで、僕等は、できるかぎり、そういう動きに背を向けていきたいと、ホント強く思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日からの地震のこと:

« 対岸 | トップページ | "映像がいる"ということ »