« 今年も銀葉草 | トップページ | 春が来るということ »

2011年3月28日 (月)

愛着

P3271095 卒業式や離任式といった行事も先週末で終わり、今週から小学校は本格的に春休み。学校からいろんなものを持ち帰ってきました。

 写真は、「作品袋」。授業でつくった、絵や工作を持ち帰るための袋ですが、この袋にも絵を描くことになっていたようです。

 ウチの子の袋には、日本海、竹のからかい、ブラック焼きそば、水芭蕉、ヒスイと、ご近所の古いものから新しいものまで、いろんな「大切なもの」が書かれていました。

 ふるさとのいいところ、すきなところを、いっぱい見つけてほしい。そして、笑顔で自慢してほしい。僕は、この袋を見て、うれしくなりました。そして、ふるさとから避難しなければいけなかったひとたちのことを思うと、胸が痛くなってしまうのです。

« 今年も銀葉草 | トップページ | 春が来るということ »

まち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛着:

« 今年も銀葉草 | トップページ | 春が来るということ »