2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

こんな写真を撮っています

« 昨日からの地震のこと | トップページ | こういうコラボレーションもあるのか »

2011年3月13日 (日)

"映像がいる"ということ

Img_9185_1

 どんどんと、被害の大きさがあきらかになるにしたがって、ただただ驚いています。
 僕は、ありがたいことに震源から遠い場所にたまたま住んでいる。でも、あの場所にいても、自分や家族を守るための選択肢は、場合によってはなかったかもしれません。

 そして、中越や中越沖のときに、現地の友人からさんざん聞かされた愚痴も、思い出してきました。それは、マスコミの人、とくに、テレビなど映像系のマスコミの人たちが酷すぎるということ。

 彼らには「絵」が必要だから、もっともっとエゲつない絵を撮るために、ヘリを飛ばし、避難所に入り込んで伏せった人に強いライトを浴びせ、救助が必要な場所に入り込んで道路を取材車で塞ぎます。
 彼らは、現場にとって、「奪う人」でしかなく、ほとんどなにも与えてくれない。
 ラジオがずっと寄り添って、「ここでお風呂に入れますよ」「この歌を聴いてください」「みんなが応援してますよ」「ここであたたかいゴハンがたべられますよ」と伝えてくれているのとは、ホントに対照的でした。

 今は、空撮が主体ですが、これからだんだんと、彼らは避難所を「襲って」いくと思います。そういうことに対して、きちんとNOを言いたい。それもまた、現地支援のひとつだと、僕は思うのです。

« 昨日からの地震のこと | トップページ | こういうコラボレーションもあるのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52273/51105524

この記事へのトラックバック一覧です: "映像がいる"ということ:

« 昨日からの地震のこと | トップページ | こういうコラボレーションもあるのか »