« こういう視点の | トップページ | おさきに! »

2010年3月16日 (火)

人の波は去って

Img_1925_1

 金曜日は、すごい人出だった糸魚川駅。
 多くの人が、キハ52の引退を惜しみ、最後の20時台の出発式の三色連結での運行にカメラを向けました。土よう子ども会に顔を出したら、そこに来ていた子が「撮り鉄がいたよ!」なんて、ニュースで覚えた鉄道ファンの呼び方を教えてくれるくらいに(笑)。

 でも、日曜日の夕方、出張先から戻ったホームから見ると、糸魚川駅のはしっこで、三色つないで、キハ52がのんびりしていました。今日は、誰も撮りにこないなぁ。そんな話でもしているんでしょうか。
 それにしても、ステンレス製じゃない、このでこぼこした表面に映る夕日。確かに、絵になる列車です。

« こういう視点の | トップページ | おさきに! »

れんが車庫」カテゴリの記事

コメント

電車が話しているって、機関車トーマスみたい。

あの電車、乗った事は数える程しかないけれど、見送るのは好きでした。
大糸線をガタンゴトンと早くもなく遅くもなく、通り過ぎていく。
可愛らしい電車だなぁと。
その電車のおうちなんだね。赤れんが車庫って。あそこに帰っていたんですね。

このブログで赤れんが車庫と、キハ52のこと知ることができました。
ありがとう。

 そういえば、レンガ車庫も「トーマスの車庫みたい」って、糸小の子や近所の幼稚園の子に呼ばれてるって聞いたことがあります。形似てるもんね。

 自分も、先日二年ぶりくらいに乗りました。こんなに遅かったっけなんても思ったりしたけれど、それがまた、名残惜しい感じでよかったなぁ。

 今週末の連休には、イベントでまた走るそうです。沿線には撮り鉄の人が並ぶかもしれませんが、ちょこっと見にいくと、楽しいかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の波は去って:

« こういう視点の | トップページ | おさきに! »