« おとなり・解体 | トップページ | GATE »

2009年10月 9日 (金)

うずくまる

Img_0053 予想コースから市内直撃の恐れもあった台風18号は、R148の一部が冠水して通行止めになったり、電車が止まったりはしましたが、けがされた方も、倒壊したお宅もなく、まずは一息。
 とはいえ、仕事から戻ってくる途中に姫川橋を渡ったら、まるで自分がこの濁流に流されていくような錯覚を覚えました。いつもは車を走らせたり、散歩したりするようなところまで水が流れていて、そして、川の中心が盛り上がりながら流れている。こういうのを見ると、あらためて日頃ネボけている自然連中の「本気」の怖さを思い出します。

 というわけで、台風の時の海。みてはみたいものの、高浪にさらわれて人様に迷惑をかけてもいけないので、須沢の海浜公園のところから、望遠レンズでちょこっとのぞいてきました。
 日頃よりはるかに手前にある波打ち際。そして、打ち上げられている大きな流木。撮っているうちにどんどんとレンズが濡れて曇ってきて、クリアな絵ではなくなってしまいました。この大きな流木は、どことなく、大きな猫が、吠えながらうずくまり、耐えているような、そんな風に見えます。

 今日海岸を歩くと、きっと「ここまで波が来ていたよ」っていう切り取り線のように、波打ち際より何十メートルも手前に、漂着物でラインができているんじゃないのかな。
 たとえば、波がおさまってから海岸を歩いてみるように、自然の振幅をちゃんと見ておくというのは、きっと大切なことなんじゃないかと、そう思います。

« おとなり・解体 | トップページ | GATE »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うずくまる:

« おとなり・解体 | トップページ | GATE »