« 早朝から | トップページ | 黒姫山 »

2009年4月13日 (月)

こごめ、もぞく、よしな

Img_5763 地域によって呼び方がちがうもののひとつに、山菜があります。
 料理やさんとかで、くるみ味噌とかをかけたお上品な先付けになることの多いコゴミは、このあたりでは「こごめ」。
 そういえば、おなじくお上品な小鉢の酢の物になることの多いモズクも、発音は「ぞ」にちかい「もずく」。駅前の海産物のお店の看板には「もぞく」と堂々と書いてあります。そういえば、コイツも大鉢になみなみと作って、たくさん食べるという点では、全国vsこのあたりの変化のパターンがこごめとにているかもしれません。
 炒め物や漬け物になるヨシナは、全国的には「ミズ」と呼ばれることが多いんだとか。方言と全国の呼び方の差は、そのまま気取って食べるか、たっぷり食べるかの差という気もします。
 そんなこんなで、食卓で感じる春、、、なのです。

« 早朝から | トップページ | 黒姫山 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こごめ、もぞく、よしな:

« 早朝から | トップページ | 黒姫山 »