« 直ってますねぇ | トップページ | だるま夕陽 »

2009年3月19日 (木)

3,200円

Img_5390 今シーズンはじめての自転車通勤は、初日にいきなり自転車が壊れているのに気づくという、さんざんな一日でした。写真は、まだスポークが1本折れているのに気づいていない港周辺での一枚。一列に並んで海を見ているカモメたちです。

 それにしても、僕の自転車の修理は、すごく大変だったそうです。スポークが1本折れ、乗っている人間の体重もあって、タイヤがゆがんでしまったとのこと。さらに、スポークの通し方が特殊な車種で、かなり細かくバラさないと直らなかった上に、黒のスポークのストックがなかったということで、銀色のスポークを塗装までして直してくれたんだそうです。
 なのに、修理代は?とお聞きしたら、3,200円とのこと。なんだか、恐縮してしまいました。
 僕自身、手間賃をいただく仕事をしています。3000円の手間賃といえば、どれくらいの時間しかかけられないか、想像もつきます。この修理、絶対にお店の持ち出しなはずなのです。
 僕は、つい言ってしまうんですよね。「直すのに、○万円かかるから、それなら新しいものを買ってしまった方が」と。でも、その一方で、「もったいないな」という気持ちは、いつも持ってる。
 だから、こういう、いつまでもモノを使ってもらおうという、心意気をお店に感じてしまうとき、すごく、頭が下がってしまうのです。
 往々にして、専門店で売っているものは、ディスカウントショップで買うよりも高いものが多いです。でも、それがなぜ高いかというと、高品質だから。そして、その「高品質」には、売っている人の心意気の部分までがしっかり入っていないと、お客さんはおそらくは、「ちょっと高い」を受け入れてくれない。
 でも、それが、時には今日の僕のように、「こんなに安くて申し訳ない」という感じることさえあるわけだから、僕が自転車を持ち込んだお店は、しっかりと、地元の専門店として、成立しているわけです。
 僕の仕事は、同じように「地元の専門店」として成立しているのか。そんなことを考えると、はなはだ心許ない。それだけに、「あんなふうにやらなきゃ」と、再認識させてくれた、伊藤商会さんのお仕事なのでした。
 助かりました。どうもありがとうございます。

« 直ってますねぇ | トップページ | だるま夕陽 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3,200円:

« 直ってますねぇ | トップページ | だるま夕陽 »