« 快晴 | トップページ | あぶないよ »

2009年1月26日 (月)

木が白いのも

Img_3176 とても寒い日の朝だから。
 日が当たるとどんどんと溶けて、こういった様子は朝方だけのもの。
 今日あたりは、道の脇に消雪パイプのさびた色のついた雪が積んであったりして、やっぱり「降りたて」ではない雪というのは、きれいじゃないんだよなぁ。

« 快晴 | トップページ | あぶないよ »

」カテゴリの記事

コメント

ひさびさに感動の風景。田舎思い出して、涙出ちゃったよ。ありがとう。雪って撮るの難しいのに、きれい。いい写真ですね。

 最近、写真がまた、難しくなってきたんだよね。ちゃんと三脚据えて、深く考えて撮った写真がつまらない一方、これみたいにスキーはいてリフトにぶらさがっているときに、向こうの方の木をなにげなくとったのが、案外きれいだったりとか。
 ここいらで、またブレイクスルーがほしいところなんだけど、なかなか。
 でも、降りたて真っ白の雪に青空ってのは、やっぱりきれいです。田舎にいるっていうのは、田舎の景色をいつでも見られるってのが、数少ないメリットだもんねぇ(笑)。
 というわけで、コメントさんきゅーです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木が白いのも:

« 快晴 | トップページ | あぶないよ »