« サギがたくさんいるのは | トップページ | 明日だそうですよ »

2008年10月22日 (水)

小春日和

Img_1569_1 冬のさなかのあたたかい一日のことを小春日和と言うのにならえば、さながらこの田んぼなんかは、「小初夏日和」。

 あちらこちらの刈り取り後の田んぼでは、穂から落ちたお米が芽を出して、まるで田植えが終わったばかりの頃のようになっています。

 ちがいは水が張ってないところと、当然ながら「実らない」こと。

 群馬の友達に、こういう芽を煎じてノドの薬にするなんて話を聞いたこともあったけど、確かにこの苗の連中には、力を分けてもらえそう。そんなパワーを感じるのです。

« サギがたくさんいるのは | トップページ | 明日だそうですよ »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和:

« サギがたくさんいるのは | トップページ | 明日だそうですよ »