« お祝い | トップページ | 落葉 »

2008年10月19日 (日)

あきまつり

Img_1536 そういえば今年の盆踊りのときに、新調した子供御輿が公民館の中に飾ってありました。そして、今日は地区の秋祭り。子供たちが、お昼頃に家の前を御輿を担ぎながら、練り歩いていきました。

 僕らの頃は、獅子や天狗は子供たちを追いかけてきて泣かせたものだけど、今は一緒になって歩いてくれるのか。確かに、頭をかむまねをして厄をはらうといっても、泣いたコドモをつれて怒鳴り込んでくる親もいそうな昨今では、こういう形の方が無難なのかもしれません。

 (なによりも、御神酒をいただいてから、コドモを追いかけて走り回るよりも、若い衆はこの方がずっと楽なはずで、それがこうなった決め手なのかもしれませんが(笑))。

 とはいえ、やはり獅子や天狗は怖いもの。御輿についていきたいけれど、一緒に歩くと獅子が怖いからと、近所のちっちゃい子が、お母さんといっしょに後ろから自転車でおいかけていました。

 その憧れも含めて、「お祭り」なのだと思う。そんな昼下がりなのでした。

« お祝い | トップページ | 落葉 »

まち」カテゴリの記事

コメント

 この地区に越して来てから、こども神輿は楽しみにしている行事です。何しろ、私の生れ育った地区は、もはや老人ばかりで子供の元気な声など聞くこともありませんでしたし。

 私の家の周辺は巡回コースからはずれているので、近くに来たら、声でもかけてあげようかと思っていたのですが、生憎仕事が入ったので、室内で子供達の掛け声を聴いていました。

 今日は穏やかな天気でよかったですね。

 印度さん、ども。
 この御神輿、担げるのは小学生だけということで、ウチの子は昼寝していたんですが、近所に来たのでのぞきに行ってみたら、幼稚園の子が一緒にいたりもしていて、なんだ、連れて行けばよかったかななんて後からおもったりもしました。
 とはいえ、けっこう歩くので、最後まで持たないかな・・・と思えば、連れて行かなくてよかったのかもしれませんが。
 御神輿が来ると、あっちこっちからおばさんがちっちゃい封筒にご祝儀をいれて集まってきます。こういうのもまた、田舎町ならではで、好きなんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あきまつり:

« お祝い | トップページ | 落葉 »