« 重力に逆らって | トップページ | 隣は別の種類 »

2008年9月 3日 (水)

逃げてきた

Img_9535_1 あちらこちらの田んぼでは、稲穂が重たそうに頭を垂れてきました。中には、強風で倒れてしまったところもあって、仕事先の駐車場の近くの田んぼもそんなところの一つ。

 今日のような雨の日は、人も少ない。だから、連中はもう、夢中になって倒れた稲穂の上に留まって、お米をついばんでいます。こんなのを見たら、農家の人は舌切り雀とかやりたくなっちゃうだろうな・・・などと思ってしまったりします。

 で、僕が車を駐車場に入れると、いっせいに逃げていく連中。でも、田んぼの近くにある木に留まって、様子をみています。きっと、人の気配がなくなると、また戻ってくるんだろうな。

 人の気配を読むことにかけては、いろんな鳥の中でも特に長けている雀たち。というわけで、この写真は、車の中から、フロントガラスを通してのもの。この写真を撮った後、ちょっと大げさなそぶりで歩いたりして、彼らにはちょっと驚いてもらってしまいました。でも、そんなことで息を潜めるのはほんの数分で、僕がいなくなればきっと戻ってきてしまうはず。

 稲刈りももうじきだし、まだ刈っていない稲の味見はお手柔らかに、ぜひ。

« 重力に逆らって | トップページ | 隣は別の種類 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げてきた:

« 重力に逆らって | トップページ | 隣は別の種類 »