2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

こんな写真を撮っています

« ここまで飲む | トップページ | 雨は降っても »

2008年8月28日 (木)

見上げる

Img_9445 フェスの途中、蘭燃さんのステージの途中、ちょこっと外に出て、入り口の三連アーチのところから見上げてみました。

 あたたかい黄色い光。外の人のためのちょっとうるさいバルーンライトの白い光。そして、駅の方の青白い光。

 こういう時には、あまりヤヤこしいことは考えません。ただただ、「また、こうやってここで歌が聴けるといいなぁ」。ただそれだけを思う。

 あれば、叶えられるかもしれない。なければ、絶対叶えられない。それだけのこと。

 もちろん、ヤヤこしい話がたくさんあるのは、十二分に承知しているのです。お金のこと、新幹線の工期のこと。そもそも、この建物が要るとか、要らないとかいう議論のことについても。

 でも、そういうこと抜きに、ただただ、「あぁ、心地いいなぁ」と思い、「また、聴きたいなぁ」と思う。そういう、とてもとても単純な思いに浸った瞬間があったということを、忘れないで痛い。そう思った夜なのでした。

« ここまで飲む | トップページ | 雨は降っても »

れんが車庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見上げる:

« ここまで飲む | トップページ | 雨は降っても »