2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

こんな写真を撮っています

« 休耕田 | トップページ | 高架 »

2008年7月15日 (火)

埋められてる

Img_0030_1 今日、ふとれんが車庫のところを通ったら、なんだかすこしちがう雰囲気。

 まじまじと見てみると、転車台のところが埋められて、平らになっています。

 大きな橋脚もあっちこっちに立ってきて、いよいよ現実感が強まってきた新幹線。

 でも、こうやって見ると、ホントに、「見通しのいい長い広場に、進行方向唯一の障害物」として、れんが車庫が残っていることに、心が痛みます。

 コイツをなんとか残す手だてはないんだろうか。僕らのまちが「ほかとちがう」ランドマークたりえるものは、実はそれほど多いわけではなくて、コイツもまた、そういう意味ではとても貴重なものだと思うのだけれど、かといって、町中あちこちで「壊してしまうのが残念だ」と言い合っているというわけでもありません。

 「貴重だ」ということ自体に共感してくれる人が、それほど多くないまま、この時期に至ってしまったこと、それが、とても寂しい。そう思ってしまうのです。

« 休耕田 | トップページ | 高架 »

れんが車庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埋められてる:

« 休耕田 | トップページ | 高架 »