« 雨の田海が池 | トップページ | ガキ大将としての大人 »

2008年6月 2日 (月)

伝統?

Img_8854 大人になってからも、給食のことは時々話題にのぼります。

 ソフト麺がうまかったという人と、どうしても駄目だったという人、先割れスプーン、米飯給食があったかなかったか。僕らより上の世代の人だと、鯨肉や、脱脂粉乳なんて話も出るかもしれません。

 そして、そういった話題の一つとしてよく出るのが、「三角食べ」。パンと牛乳とおかずを順番に食べなさい。さきにおかずだけ全部食べてしまうのはいけないですよということで、当時の田沢小学校では、さらに「パンはジャムやマーガリンを塗ったら、半分に折って一枚ずつ食べること。二枚を重ねて食べるのは駄目」なんて、ローカルルールもありました。

 ただ、「三角食べ」は、「そうやって食べるように」と言われた記憶はあるものの、そんな名前だったという記憶はなくて、その後、ラジオの深夜放送などの「ネタ」として、耳にした言葉なのではないかという気もします。

 それだけに、先日コドモがもらってきた幼稚園の手紙に、絵入りで詳細に書かれていたのを見たときは、びっくりしました。これって、公文書にも載る言葉だったんだ。

 こうやって、三角食べも、伝統芸能のように、受け継がれていくんですねぇ(詠嘆)。

« 雨の田海が池 | トップページ | ガキ大将としての大人 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統?:

« 雨の田海が池 | トップページ | ガキ大将としての大人 »