« シュロもあるでよ | トップページ | 児童公園 »

2007年11月22日 (木)

犬は喜び庭駆け回り

Img_5528 猫はこたつで丸くなる。それが、雪の日。

 雪国に住んでいると、雪はけっこうやっかいなものなのですが、なぜかシーズンはじめの雪の朝は、けっこううれしくなります。

 それにしても、子どもを見ていて思うのは、脳みそってのは少しずつ育つんだなということ。ウチの子は今年5歳ですが、去年の記憶というのが毎年だんだんとクリアになっていく。「雪は楽しかった」という記憶はかなり強く残っているらしいのだけど、なにをして遊んだというと、どこぞでそりに乗ったとか、雪だるまを作ったとか、けっこう曖昧なもの。雪だるまも、かまくらも、去年だけじゃなく、一昨年も、その前も作ったのだけど「去年も作ったよね」と言いだしたのは、そういえば今年からだなぁなどと、ふと思ってしまいました。

 寝起きが悪いくせに「雪が降ったよ」と言ったら、とつぜん布団から飛び出してきて、朝ご飯のあとはこんな感じでひとりで庭に足跡つけまくったコドモ。なんだか、こういう感じ、懐かしいなぁ。

 そんなわけで、糸魚川は平地でも、初めての雪です。おそらく、数日で溶けてしまうのだろうけれど。

« シュロもあるでよ | トップページ | 児童公園 »

季節の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬は喜び庭駆け回り:

» 戦いなんです [おひさま通信]
3歳と1歳の娘が2人いる我が家では毎日が大戦争なんです蓮同じくらいのお子様をお持ちのお母様には共感していただけるのではないでしょうか連子供って可愛いだけじゃないんですよね。うちは2人姉妹ですのでもちろんケンカも・・・さっきまで仲良くキャッキャ騒いで遊んでたかと思うと、マンション中響き渡るんじゃないかと思うほどの大音量で泣きながら訴えに来たり、「あら、静かに遊んでるじゃない撚」なんてのんきに構えてる時に限って、100%の確率でいたずらし...... [続きを読む]

« シュロもあるでよ | トップページ | 児童公園 »